仙台こまくさ会

仙台と近郊の中高年の山歩き愛好会です。月に1〜2回、東北の山を登ります。会員募集中です。

北泉ヶ岳 2024年6月30日(日)

目の不調で長らく登山を禁止(登山)されてましたが 入院、手術を経てようやく登れる様になりました! 昨日北泉ヶ岳に登りました。
80才を超えた老夫婦が登り切りました! コースタイムより30分程オーバーでした? これからも宜しくお願い致します🙇 (カサハラ)

南蔵王 屏風岳 2024年6月30日(日)

6/30刈田峠から5人で不忘山を目指す。
午後から曇りのち雨の予報であり、屏風岳ピストンとする。7:50刈田駐車場発、10:30屏風着、下山13:45、雨がポツリポツリ…間に合った。
=花=
オオバタケシマラン、ゴセンタチバナツマトリソウイワイチョウ、イワカガミ、ミヤマハンショウズル、コバイケイソウ、赤モノ(イワハゼ)、ワタスゲウラジロヨウラク、ハクサンチドリ、ハクサンシャクナゲ、ヒナザクラ、マルバシモツケ、ツバメオモト、コマクサ、ミヤマカタバミ、マイズルソウ、チゴユリトキソウ
チングルマは終わり、キンコウカは未だ。(シンイチ)

秋田駒ヶ岳 2024年6月30日(日)

花の百名山 秋田駒ケ岳

仙台4時発。 国見登山口7時出発。
この時期 やはり人気の山。覚悟の路上駐。
ゴゼンタチバナの群生に迎えられ 大焼砂では コマクサ群生 ムーミン谷には チングルマ そして 山肌には ミヤマキンバイが一面に咲き誇る。
4年前の登山では ガスガスで 山容が見れずでしたが 今回は 小岳 女岳 男岳 そして山頂 男女岳を踏み 鳥海山 田沢湖 乳頭山と全容の見晴らしに感動。横岳踏み 下山。心配の天気もクリアでき 温泉と蕎麦で帰宅。

サブコースも 魅力的で 紅葉時期 にも 訪れたい気持ちなる魅力有る山でした。
(11Km、6h、累積標高差931m)(フミエ)

秋田駒ヶ岳 2024年6月28日(金)~29日(土)

 初めての秋田駒ケ岳
阿弥陀池避難小屋泊でのんびり行って来ました。
男岳分岐~横岳の馬の背は私にとってはおっかなびっくりのアドベンチャーロードで緊張の連続でしたが良い経験になりました。(ユカ)

中央蔵王 2024年6月27日(木)

好天に誘われ今日は中央蔵王を花見をしながらブラリ歩いてきました。
馬の背ではアオノツガザクラ・イワカガミ・マルバシモツケ・オノエランなど、

熊野岳付近ではコマクサが咲き始め 
御田ノ神湿原ではワタスゲツマトリソウトキソウゴゼンタチバナなどが見られました。(ヒキチ)

宮城県民の森 2024年6月23日(日)

    ツチアケビ
今日 県民の森へツチアケビを見に行きました。未だ少し早い様子、来週には開花するかも。もう夏本番ですよね! ネムノキが咲いてました! (カサハラ)

会津駒ヶ岳と田代山 2024年6月22日(土)~23日(日)

6月22日会津駒ヶ岳、Fさん、Mさんの女性3名。

天候の不安がありつつ向かうも、全く問題なく晴れ女発揮?
標高差1,000m越えは初めての阿部にとって、健脚なお二人について行くのがやっとでしたが、駒の小屋目前に広がるチングルマの群生に癒され、なんとか登頂することができました!⛰️
Fさんが予約してくださった麓の民宿では、地元の温泉入り放題♨️と山菜尽くしのお料理にとても満足でした😊(A.ヨウコ)

6月23日
花の百名山 田代山へ。

朝から雨。登山諦め 朝から温泉ハシゴ。朝食後 天気も多少は回復の兆し。決断早く 民宿から1時間。、田代山へ。途中細いガタガタ道幅を30分、対向車が怖いと思いながらも  松の木に ツルアジサイが伸び 森の中に華やかな雰囲気。始めて見る景色。
雨上がりの新緑が眩しく 心地よい。
猿倉登山口には先着3台。管理人 昨日は凄ごかったと。☀だし 会津駒ヶ岳も すごかった!
昨日の疲れを引きずりながらも 未踏の山頂へ。少し風も有るが 濡れてるワタスゲの群生が ゆらゆらと 愛らしい姿を見せてくれる。先終えた花 これから咲く蕾達 花の百名山らしい様子が 伺える。池塘の周りを歩きながら 雲海に見え隠れする遠方の山々、正面に燧ヶ岳 会津駒ヶ岳と幻想的な風景に ため息もでる。
下山後 目的の日本秘湯の会 木賊温泉へ!は?混浴露天風呂😱
迷わず 先客のおじちゃんに、ご挨拶。「嫁入り前の3人入りたいので ご協力お願いします」笑いながらOKの返事(お願いします)
深い湯舟の下から湧く熱めの極楽湯!隣りのおじちゃん真っ赤になってるし。私らに気を使ってくれた優しいおじちゃん有難うと 初混浴も無事終了(ありがとう)
空腹に裁蕎麦と蕎麦アイスで 仙台20時半着 
お疲れ山でした。(フミエ)