仙台こまくさ会

仙台と近郊の中高年の山歩き愛好会です。月に1〜2回、東北の山を登ります。会員募集中です。

倉手山 2024年5月14日(火)

倉手山に登ってきました。
山頂から間近に飯豊本山を捉え、少しずつ距離をつめてきていよいよ飯豊に登りたいな…と羨望の眼差しで見てきました。今日は天気も良く途中で杁差岳、以東岳大朝日岳も見渡せました。前日の雨のおかげか木々の緑もいきいきしてるように見えました。(アケミ)

東吾妻山と飯坂温泉 2024年5月12日(日)~14日(火)

    
5月12〜14日飯坂温泉に宿を取り東吾妻山を目指しましたが残雪が思った以上に多く!
現状 小生の体力では無理と判断 引き返しました。鎌沼周回に変更する。
7月上旬 花の節に挑戦します!

帰路 馬頭山と萬歳稲荷に参拝し安全登山を祈願 (カサハラ)

栂峰 2024年5月12日(日)

山形県飯豊町米沢市福島県喜多方市の境にある山です。
2年前の豪雨で道路が崩落したため、崩落現場の手前で通行止で登山口までは約1時間の林道歩き。誰ともスライドせず、静かな秘峰いう感じ。巨木も沢山あり、また33の神様が祀られているとの事。頂上付近は積雪1m以上と推測され、登山道は藪が多くルートを見つけるのが大変でしたが、飯豊山大朝日岳がキレイに見えました。

栂峰花も多いし、土もフカフカで途中途中の眺めにも癒やされるし良い感じの山でした。秋にも行ってみたいなと思いました。天狗山(置賜)も道路が崩落して修復工事が続いて通行止めですが、登りたいと狙ってます。(アケミ)

大東岳 2024年5月12日(日)

天気は快晴☀️裏コースから登って周回してみようということで、富美恵さんと真樹子二人でアタック。ヤマニンジンを愛でたり雨滝で写真を撮ったりしながら余裕のスタートも、避難小屋からは虫ときつい登りの闘い。大東岳初挑戦の私は登っても登っても続く道にかなり挫けそうでしたが、Fさんはコシアブラを探す余裕があってさすがでした。山頂からは周りの山が一望でき、ここまでの疲れも癒されました。
下山の表コースも緑濃く、心地よい山行ができました。
ずっと気になっていた大東岳は予想以上にタフなお山でした。富美恵さん楽しい山行ありがとうございました!(マキコ)

熊野岳~刈田岳 2024年5月11日(土)

 本日は予定変更で蔵王へgo!
私は先週南蔵王の麓の温泉宿♨️で雪のかぶった蔵王の稜線を見てウズウズしていたのでまさに渡に船🚢とはこのと?とテンション⤴️
 今日の蔵王は涼しい風がふいていました
月山 朝日 飯豊がくっきり見えて気持ちの良い稜線歩きを楽しめました😆
ミニミニ雪渓歩きのおまけつき
青麻山だったらバテていたかも?
先導していただいたリーダーはじめ皆様ありがとうございました😊
ミニミニ雪渓での写真🤳いいですね❗️
リーダーの写真もちゃんと撮りましたよ👌(I.ユカ)

泉ヶ岳水神スローハイク 2024年5月8日(木)

今日は天気☀️に恵まれ、水神迄、ゆっくり、ゆったりと新緑の泉が岳を満喫しました。春蝉も、美しい鳴き声で、出迎えてくれ、とても癒されました。皆さまありがとうございました♪(ルリコ)
春蝉が鳴くころ山に小さなハエ『メマトイ』(コバエ)が大発生します。目の辺りを飛び回る厄介な虫です。
目や髪の毛等黒くツヤツヤした物及び汗、目の涙に集まる習性が有ります。
今日もネットを被った人を随分見かけました。
虫除けネットも良いのですが、視界が遮られ気持ち良くありません。
ハッカ油スプレーが有効ですが完璧とは言えません。色々種類がありますので試してみる必要があります。
蚊取り線香はキャンプには良いですが、歩行中は使いにくいです。
なかなか完璧なものは無いですね。(シンイチ)

十万劫山~クマガイソウ松川町 2024年5月8日(木)

福島 花見山から十万劫山そして水沢(松川)のクマガイソウ

当山行は参加者3名の小じんまりした下見気分の緩い山行です。
計画では8:30花見山登山(お散歩?)開始が緩い気分が災いして登山口まで行くことに道迷い。
結局、30分ほど遅れてスタート。
しかも、入り口で現地の人に花見山公園の園内道を確認したものの、どうも会話が成立しなかったようで時計回り周回の筈が気付けば半時計周回になっていた。
そこは、融通無下の3名、周回には変わりなしと計画を変更。
花見山は桜の季節を過ぎ入園者は入り口で問い合わせた1人のみで他に誰も居ない。
それでも、真っ赤なツツジに囲まれながら山頂へ。福島市街と吾妻小富士が一望できる。
次は、十万劫山を目指す。緩い斜面の森林浴ハイク。偶々なのか道筋に倒木が目立つ。短いアンヨで跨いで通過。十万劫山頂に到着。十万劫とは100,000×1劫(劫は時間の単位で42億年だとか)で何と地球が出来て42億年ですからその100,000倍の長き時間を風光明媚と静謐を繋ぎ給えと行基菩薩僧が宣ったそうな。
出発点への周回戻りを開始。これが辛かったダラダラと車道を下るのみ。運悪く(良く?)日差しも出て来て全く辛い。登山口駐車場へ戻る途中の第2駐車場(こちらが広大で花見山には遠いがメイン?)近辺の茶店で休憩。
負け惜しみでなく、逆周回で良かったなと痛感。計画通りの時計回りだったら途中で飽きて中断したかも。何とか出発点へ戻る。
次はクマガイソウの群生地へ移動。
5/19までクマガイソウ祭りをやっているそうだが、もう既に終末期に入ってしまったとか。
両木村さんは昨年に比べて小ぶりになったとか精気が無いとか失望していたが、初めても私は絶滅危惧種の大群生に感動。地元の保存会の解説も育成に愛情を込めた話しぶりで素晴らしかった。クマガイソウは宿根1年草で地下茎の展伸と種子で増殖し1輪咲きが一般なのだそうだが今年は2輪咲きも散見されるそうだ。大ぶりで精気のあるクマガイソウの群生はどれ位凄いのだろう?
16:00過ぎに帰路に就く。17:30駐車場解散。(ハルオ)

大年寺山と笹倉山 2024年5月8日(木)

連休も今日で終了ですね!
私も世間に倣って出掛けました! 4日は大年寺の石段を登り、野草園のハンカチの木を見て 帰路にラーメンを食べました、6日は七ツ森の山開きに行きました、笹倉山の
四阿屋で(おにぎり)を食べて済ませました! 年金生活者の慎ましいゴールデンウィークでした~(?) (カサハラ)

五葉山 2024年5月3日(金)~4日(土)

GW 渋滞の心配もよそに スムーズに現地に到着。
整備され 登り易い 岳樺の道を登る。綺麗過ぎる山小屋しゃくなげ荘に到着。周りは 蕾膨らむ しゃくなげ群生が 目を引く。来月中旬頃には 華やかに咲き誇るのでしょう。
夕日を見に 移動。久しぶりの美しい夕陽に感動。又燦々と降り注ぐ まるで宝石を散りばめたように輝く満天の星空に 皆さんで感激する。
小屋にもどり 山トークに華が咲きに これも楽しい時間となった。
早朝 強風の音で目覚めたが 日の出岩まで 移動…
強風にさらされながらも 素晴らしい朝日🌅に歓喜
これが見たかったよねーと 皆さん笑顔🤗

私等は 強風の為 黒岩までは行かず 早めの下山。
途中 鍬を持った若人。ボランティアで水路点検に来たと。頭の下がる思いでした。登山口には これから咲こうツツジが両脇に続く。おもてなしには最高。

花々と山頂からの360度の山々 三陸海洋の眺め 申し分ない五葉山。
急遽 休みで 思い立ってきてみた。想像以上に感動した。同行してくださったキヨコさん 楽しい時間有難うございました。(フミエ)

クマガイソウ松川町 2024年5月4日(木)

本日急遽思い立って、松川町のクマガイソウを見てきました!
本日満開見頃でした🌸

3日しか咲かないヤマシャクヤクも見れ、緑のニリンソウも見つけました!

見に行かれる方は早めが良いと思い共有致します。(A.ヨウコ)