仙台こまくさ会

仙台と近郊の中高年の山歩き愛好会です。月に1〜2回、東北の山を登ります。会員募集中です。

大朝日岳 2024年4月28日(日)~29日(月)

残雪期の大朝日岳(小屋泊)
天気は良好。イワウチワ咲く春景色の古寺鉱泉登山口から出発。合体の木辺りから残雪の道が現れ始める。ルートが曖昧で分かりにくい箇所には赤布を付けながら進む。日暮沢分岐以降は真っ白に聳え立つ急坂の連続。スキーで滑り降りる人、下山する人、GWを満喫する入山者たち。
古寺山から眺めるゼブラ柄の朝日連峰、見たかった景色。目の前に月山、遠く鳥海山磐梯山、飯豊連峰、いつまでも眺めていたい絶景。
しかし目の前には小朝日越えの現実もあり…あとふた踏ん張りは必要。ここから少しバテ気味になりましたが、山小屋へ到着した瞬間、疲れが吹き飛びました。大朝日小屋は予想以上に多くの登山客(30名以上)で賑わっていました。
翌日大朝日岳登頂。大朝日小屋のシンボルの鐘は強風に飛ばされ現在は設置されていませんが私たちは特別待遇。小屋番さん3人が力を合わせ?(笑)急遽設置してくださり鐘の音に見送られ下山開始。
この日も気温高め、一服清水の水で喉を潤し、少しだけコシアブラを収穫して無事下山しました。

麓に咲く早春の花、初夏の新緑、稜線の雪、移り変わる季節を一度に感じ得した気分になる残雪期登山、私は大好きです。

今回はみなさん健脚、背負う荷物も多め。最高年齢の私は速さについていけず、ちょっとバテ気味。これから夏山シーズン。トレーニングに励まなければと焦り感じた山行でした。

※今回は山形のあけみさんをお誘いしました。湯殿山でご一緒した時の健脚さ、やはり大朝日岳でも健脚で颯爽と歩く姿が魅力的でした。お付き合いありがとうございました。

※大朝日小屋の修繕は6月〜の予定です。山頂へ向かう小屋脇の道に足場を組むので通行止めになります。ただ山頂へ向かう道は新しく作るので安心して泊まりに来てください、とのことでした。最新情報は小屋番今井さんのFacebookをチェックしてください。

※東根の梅菓子『松野屋』梅ソフトクリーム(梅シロップかけ放題)250円、5時半まで。登山後の疲れた身体におすすめです.    (オノデラ)